ABOUT
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
OTHERS


ジオターゲティング

 

<< こんばんは、秦基博です。 | main | KEN HIRAI >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / - /
秦、口半開き
秦基博「コントラスト」
本日発売!!


ってことで長ったらしく感想を書いてみます。
お暇な方はお付き合いください。









『色彩』
すごい、すごいねコレ。
デビューして1年にも満たない新人アーティストの1stアルバム、
オープニングを飾るにしてはかっこよすぎますっ!!
まず最初になぜか、バンプを思い出したのよね。
この疾走感に気持ちよさ、『Stage of the ground』と同じ匂いがするっ。
“がむしゃらに前に進む感”がこれでもか!ってくらいに出てるし、
この曲で秦にわしづかみにされた人、多いんじゃないかな??

しかもコレ、アレンジがみなちんなんですよっ。
みなちんちょっと、かっこよすぎですって!
イントロと大サビ前のエレキとかっ、
サビの最後で秦の声を引き伸ばすようなところとかっ、
もう本当にヤバイですっ。

歌詞も強くてまっすぐで、いいな。ここに若さとフレッシュさを感じるな。
自分の感情をすべて、そのままの色で殴りつけて
“僕は世界を描いているんだ”なんて・・・照れます。←?

「君が抱える悲しみさえも どんな色にだって塗り替えてみせるよ」

はぁvv


『君とはもう出会えない』
アルバムが発売されるという情報をキャッチしてから、
この曲のタイトルに心奪われまくっていました。
もっとひねりのないキレイなタイプのバラードかなぁなんて思っていたけど
そうじゃなかった。。。まったく違う感じに仕上がっていたのね。

シンプルなサウンドに簡潔な歌詞。
秦のこういう感じの曲、結構好きかもしれない。
「背中でじとつく後悔」って表現もなんか好きだな。
拭いきれない後悔と君への想い、、、
それでもやっぱり「君とはもう出会えない」んだ。
「会えない」より「出会えない」の方が重いね・・・
結局最後までその繰り返しだし。
どんだけ切ないんだろう(涙)


『トレモロ降る夜』
キタっ!ん?何がキタ??
そりゃぁもう!!ホーンアレンジが、ですよ!!!!(←すべて自己完結)

基本的に管楽器がバリバリ鳴っている曲に弱いんだ、あたし。
なんかテンション上がっちゃうんだよね(笑)

そして「何かいい事ないかなって」からの高音っ!!!
聴く度鼻息荒くなっちゃうのはなぜ?(危)すっごくいいよ、秦!
「きっと夜は〜」の抜けるような高音も最高っ。

2番のサビの「薬指」って、、、もしかして?そういうことですか??
えっ!!!!!(激照)

「ねぇ 全て僕に委ねてみてよ」
そんなこと言うと、ホントに体ごと委ねちゃうよ?(やめろ)


『Lily』
発売前からあたしに旋風(?)を巻き起こしていたこの曲。
またもやみなちんのアレンジです。
みなちんアレンジって結構、面白い音がいっぱい入っているんですね。

サビとそれ以外のサウンドとの印象の違いもすごい。
全体的に甘ったるくて切ない曲かと思っていたので
これまたちょっと意外な感じです。

でも小倉さんのギターは甘いよねvv 哀愁も漂っているけど。

あたしが何でこの曲にこだわっていたかっていうと
「oh my little lily」の歌い方がツボだっていう、
ただそれだけの話だったりするんだけど。
ココ、本当にいいよね。特に「little」の発音がvv


『つたえたいコトバ』
ワンマンでこの曲を歌ったと聞き、行った方のレポを読み、
早く聴きたくてたまらなかったこの曲。
思った以上にヤバかった!このアルバム最強の胸キュンソングですコレ。

リズムカルなメロディーラインはもちろんのこと、
アレンジもポップでかなり可愛いvv
それ以上に秦の歌い方が可愛すぎですっ!!!

「グルグル」「モヤモヤ」「プルプルル」「キリキリ」「もしもし」

中でもあたしがかなり好きなのは「キャパ」の歌い方ですかね。
「キャパ」ってなんか「キャパァ」みたいな・・・(わかりずらい)
なんていうの?なんかものすごく可愛らしくない????

あと「気持ち 持ち合わせてるのに」ってところ!
「もち」が重なってるから
「もちもち」言っててなんか面白いーーvv(面白いんかい)

あ!「この気持ち破裂しそうなの」っていうのも好き!!

膨らますだけ膨らませておいて
最後に「好き」だって言っちゃうところも憎たらしいほどいい。

あたしも秦につたえたいコトバがあるよ。
ちなみにこのコトバは、簡単にあたしの口からこぼれ落ちます(爆)


『赤が沈む』
今まで聴いてきた中で一番ヘビロテ率が高かったのが
実はこの曲だったりします。

だって!だって!!
この曲かっこよすぎなんだもんっっ!!!!
マイナーな曲が大好物なあたしですからね、
こういうのにとことん弱いんだって。

サウンドもめちゃくちゃかっこいいなと思っていたら
ななんとベースがキタローさんじゃないのっ!
そらかっこいいわけですよ。ズーンズーン響いちゃうわけですよ。

サビのコーラスもいいな。特に大サビなんかヤバすぎだな。
2番から入ってくるアコギとか最高なんですけど。

それとあと、スルーしちゃならないハープ!!
『つたえたいコトバ』の感想が長すぎるから割愛いたしましたが
ここでは触れておかないと!!(こっちも十分長いけど)

卓弥くんといい、まさやんといい、小渕さんといい、
あたしの好きなオトコ達はアコギとハープはできて当たり前!なのねっ。
さすが秦vv 秦のハープ、なんかものすごく嬉しいよ^^

「暗い」「cry」「不快」「深い」この韻をふんでるところにもやられたなー。
そして今気づいたけど、秦の歌って「油彩」とか「宗教画」とか
絵画に関係のある言葉が多く登場しません??
やっぱ昔やってたバイトの影響がデカイのね。

この曲ライブで化けそう。まじ楽しみです。


『トブタメニ』
これもとことんまっすぐな歌だなー。
突き抜けるような秦の歌声もすんごいストレートに響いてくる。

このアルバムの中では一番メジャーな感じがしないでもない。
シングル曲も何かしらひねくれてるものがあるもんな。
だからちょっと、あたしにとってはつまんない感じもします(爆)
もっと聴き込んできないとわかんないけどね、
そういう意味も含めてメジャーだな、と思う。


『風景』
この曲で終わることで
より強く“秦色”が出たアルバムになったんじゃないかな?
正直この曲のヘビロテ率は低い方なんだけど
聴く度心に残るし、「あ、やっぱいいな」って思います。

こういう匂いの曲好き。
ゆったりと流れていく感じ。ストリングスも泣けるほどキレイ。

何回聴いても「上空」が「ジョーク」に聴こえるけど(笑)
1番の歌詞、言葉の使い方とか表現がものすごくいい。
やっぱりあたしが一番好きなのは「退屈とぼんやり遊ぶ」かな?
この表現はあたしの中で革命だわーー。

対象が「あなた」っていいな。
「あなた」って言葉も含めて「風景」の一部のような感じがします。






なんだか眠くなってきた。



今宵も秦の音楽と共に眠りにつきます。







秦基博 / comments(0) / trackbacks(1) /
スポンサーサイト
- / - / - /
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kobitonoheya.jugem.jp/trackback/588
トラックバック
秦基博 - コントラスト
温もりあふれる魅惑の歌声と珠玉のメロディが人気のシンガー・ソングライター、秦基博の1stフル・アルバム。亀田誠治をはじめ名うてのプロデューサーが他数参加し、良質で心地好い音世界を構築している。
| こんな音楽発見! | 2007/10/03 6:36 PM |