ABOUT
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
OTHERS


ジオターゲティング

 

<< DOUBLES ALL JAPAN@東京エレクトロン韮崎文化ホール 撻優織丱賤】 | main | 山梨レポできました。(ネタバレ無) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / - /
DOUBLES ALL JAPAN@東京エレクトロン韮崎文化ホール◆撻優織丱賤】
 






レポの続きです。




2012/11/1
スキマスイッチ TOUR 2012-2013
“ DOUBLES ALL JAPAN ”
@東京エレクトロン韮崎文化ホール(山梨公演)



※以下ネタバレ有!!閲覧にはご注意ください!!!



































山梨の謎は解決しないまま次の曲へ笑


卓弥「ここからはもっと皆さんに近づいて演奏してみようと思います」

そしてステージのさらに前へやってくる2人。そしてスタッフが忙しなくモニターやらマイクやら椅子やらを持ってきて、、、
近い!近すぎてのけ反るわっっ!!というかしんた君が持った楽器がなんとアコギでさらにきゃあああああああああああああああああああ

ジャカっとかっこよく決めてくるしんた君。なんですかこの違和感ww弾けるの??弾けるんだよね???wwwしんたおええええええ

しんた君の足元には小さなスタンドが置かれておりまして、右足をそこにひょいっと置きスタンバイ。
卓弥くんはいつも通り足を組んで、、、


病院に行く
もうこれねええええなんと贅沢だったことかああああ。
しんた君はギターを弾きながらコーラスまで歌っちゃったりしてwwwもうすごい頑張ってる!としか言いようがないwwwネックを押える中指は釣りそうにぴーーんとなってて微笑ましかったしwwww
それに引き替え卓弥くんは、、、ギターソロがボロボロで、歌詞を間違ったのはこの曲でしたっけ、、、笑い出しちゃうし、、、、なんなのもう!可愛い!←結局
そういえば今思い出したけど、エレキでもギターソロがあったな。どの曲だっけ?←こんなんばっか

そそくさと後ろに下がって、卓弥くんはドラムへ。
ここで大きく咳払いをした卓弥くんに会場から笑いが起こります。「もっとおとなしくやれ」と言わんばかりのジェスチャーをするしんた君。笑い出す卓弥くん。可愛いwww

ドラムが刻んだリズムを録音するしんた君。それを何回か重ねて、卓弥くんは元の位置へ。


ソングライアー
これがレポできるほどのこと覚えてなくて、、、すみません。

このあとドラム音が徐々にテンポを落としていって、ああこんなことも出来るのね♪と思ったのと同時にもしやあの曲が来るんではなかろーかという期待感がこみ上げてきて、、、


さみしくとも明日を待つ
しんた君のイントロにあたしの心境は「きたーーーーーーーー」!!
今回のダブルスでも聴けるなんて幸せwww
バンドも好きだけど、特にこの曲は2人でのバージョンが似合いすぎるっ。静かに始まって徐々に熱くなっていくこの感じ。言葉ではうまく言えませんが、ただただ曲が持つ不思議な雰囲気がこの編成にマッチしていました。



これもしんた君のイントロから静かに始まっていく感じ。この雫の卓弥くんの歌い方好きだなー。歌い出しがとっても丁寧。


卓弥くんが後ろを向いて音叉で音を取る。こんなところ初めて見た。次は歌始まりなんですね。しかもギターは持ってない。


ボクノート
卓弥くんのアカペラあああああああああ。ぞわぞわしたああああああ。
途中からは卓弥くんのコーラスを録ったものを流し、そこにしんた君のピアノが乗っかってきて、卓弥くんの声をどの曲よりも贅沢に堪能することができました。ほんと沁みた。
最後の「探してたものは」の後のファルセットのフェイクwww「はうあうわー」みたいな感じの!←センス無wwww たまらなかった!!!でも結局「目の前にあったんだ」とは歌わずそのまま終わってしまったというwこれなんかすごい気になったんですけどwww


曲が終わり、卓弥くんの前に譜面台が用意されるので、もしやカバーコーナーでも始めんのか?なんて思っちゃいましたがどうやら違うらしい。

卓弥「実は今回のツアーのために曲を1曲作ってきました」
客「拍手」
卓弥「まだタイトルも決まってないんですけど、この曲一か所だけ歌詞が空白の部分があるんです。そこをね、今みんなで決めようかと」
しんた「山梨のシンボルとかね」
卓弥「そう建物とか。食べ物じゃなくて、こう見渡して見えるもの。せーのでみんな一斉に言ってみてください。じゃあ行くよ?せーの」
客「△■※○×〜!!」

卓弥「・・・全然わからないね」 ←だろうなwwww

そこでみんな各々叫び出す。

客「富士山ー」
客「信玄公ー」

しんた「富士山が多いのかな、やっぱり」
卓弥「しんげんこう?しんげんこ??」
この時卓弥くんがあたしが山梨県民と気づいたらしくあたしを見ながら聞いてくるwwwww
「武田信玄!」と必死で伝えるあたしwwwww

卓弥「武田信玄ねっ。でもこうって何?」
「公」は尊称ね。山梨の人は「信玄公」って呼ぶって○ンミンショーで言ってた←

卓弥「でも武田信玄は見えないよね?」
ここですかさず甲府駅に銅像があることを説明ww

しんた「そこで待ち合わせするとか?ハチ公みたいな目印??」

客「ぶどうのおかー」
卓弥「え?ぶどう農家????」 ←傑作な聞き間違いwwこのあと気に入ったのか何度も言ってたww
前列で「丘!丘!」と必死で説明www

ここでその3つで多数決を取ることに。結果、富士山ダントツのTOP。

しんた「富士山だと某あの県とどっちかわからないんじゃない?」
この前に、山梨と静岡では富士山の見え方が違う、自分の県のものだと思っているという話も出ました。

客「八ヶ岳ー!」
しんた「八ヶ岳いいですね!!」
客「住んでるー」
しんた「八ヶ岳に住んでるの??いいなぁ」

そんなこんなで最後にはなぜか八ヶ岳に決定してしまいました笑
あたしイチオシのニーラも話題にして欲しかった←


Doublesのテーマソング(仮)
富士山を某となりの県に譲ってしまうような結果にちょっと悔しい気持ちもありましたが←
八ヶ岳が案外、というかすごくハマっていたのでなんかしっくりきてしまったという。この曲の歌詞を早く覚えたいですっ。



息をのむイントロ。いろんなことを思い出して冒頭から涙をこらえてました。
スキマスイッチに出会ってからいろんなことが変わって、いろんな人と出会って、本当にいくつのも時を過ごしてきたけど、この曲はいつどこで聴いてもずっとそばにいてくれてるみたい。
ずいぶん大人になったスキマスイッチ君がそう丁寧に淡々と歌っているみたいで、ダブルスベストの奏本当に大好きなんです。地元で聴くのも格別だったなぁ。


ふれて未来を
ダブルスベストで1位2位を争うくらい好きなふれて♪1サビの後から入るしんた君のピアノ本当たまんないですww
2番のBメロからは自主的に高速手拍子。卓弥くんも「ここ高速手拍子」と会場を見渡して一緒に叩いてくれました。サビになってもずっと叩いてた卓弥くんが、途中でやめて両手を股に挟んだところ異常に可愛かったんですがww誰かwww←なんだよw
そして2サビの後、待ちに待っていたあのシャウト。「やまなしーーー!!」
感無量。笑いながら泣いてた。きもくてごめんなさい。。。


ユリーカ
ユリーカだ!!って盛り上がったところで卓弥くん「ちょっと待った!」と言ってすぐさま仕切り直しwwwアコギをすごく細かく弾くパートだったんだけど、なんだか忙しなくて大変そうでww苦笑する卓弥くん、可愛いwwww


晴ときどき曇
しんた君が何やらマイクに管を巻きつけていたので何事かと思っていたら鍵盤ハーモニカ><
できるだけ楽しく、音楽に乗って口ずさんでってことを心がけていたのに、2サビのさいごのフレーズで号泣><やっぱここだめだってばっ。
聴く人の分だけその人の想いや環境があって、それが曲とぴったりはまった瞬間にその曲のこと大好きになれたり、逆に聴けなくなってしまったりすると思うんです。あたしにとってはそれがこの曲かなって思う。
隣りにいた友人によると、あたしが号泣してるのを「なんでこの子泣いてんだ」って表情で卓弥くんが見ていたらしい///
最後は「サーニークラウディー♪」とみんなで大合唱。ここもさーなんかさー卓弥くんがすごく優しくリードしてくれて、みんなの歌声が一つになって、初めましての人がたくさんいたのに、この空間でみんなが同じフレーズを歌っていることが、ここが山梨なんだってことがすごく嬉しくて、歌いながらずっと泣きっぱなしでした。それを見てしんた君が「うんうん」ってうなずいてくれるしーーそれがもう「全部わかってるよ」みたいな表情でさーーーーあーーーー。
男と女の子で分けて歌った時も、男性陣がすごく頑張ってたことに嬉しそうな卓弥くん。なんて表情であなたは歌うんですか。
本当一つになれて良かった。みんな楽しんでくれたよね。うんうん。


ただそれだけの風景
曲のアレンジとテンポのおかげですごく楽しく聴くことができました。幸せすぎて顔緩みっぱなしだったと思う。
しんた君のBメロのピアノはツボだし、それを見て興奮する友人(シンター)のリアクションもツボでww終わってしまうのが不思議と寂しくなかった。


ここで本編終了。


アンコールに応えて登場した2人。
卓弥くんご当地ピンクT。しんた君ノーマルの黄色T。

卓弥くんはTシャツの裾をぴーんと伸ばしてご当地Tのご紹介。
山梨の県花は山桜?富士桜?という話になっていたけど、富士桜が正解ですよね??(調べてみると豆桜が正式名称のよう)

ここでしんた君がおもむろにハットを脱いで、懐かしのアフロのかつらを装着www会場からは大きな歓声が。
顔と頭のボリュームのバランスがなんかおかしくてたまらなかったんですけどー笑

卓弥「昔はね、こんな感じでしたからね」
しんた「ずっと帽子がかぶりたくてねぇ」
卓弥「そうそう。この人ずっと帽子かぶりたがってたんですよね」

しんた「でもこれをかぶったことで、あ!あの人!ってようやく誰かわかったんじゃない?」
卓弥「えっ?!今ぁっ?!!」 ←この時の目を見開いた表情ツボwwwww

アフロしんたと「デビュー曲やります!」


view
口半開きな揺れるしんた。揺れるアフロに笑いが止まらないwww
卓弥くんのハープもたまんないよもうwwww
やっぱシンプルなギター鍵盤の構成大好き!!!

曲終わりにすぐアフロを取ったしんた君。妙に首回りがすっきり見えた。アフロが与える印象ってすごいねww


ラストシーン
すごく丁寧にゆったりと歌う卓弥くん。それに寄り添うしんた君の優しいピアノ。
言葉の一つ一つがじんわり沁みてここでもまた涙。
胸に当てる卓弥くんの手がご当地Tをつかんでることにもなぜか感動。すごい些細なことでも泣いてたなぁ。。。


「本当にどうもありがとう」と卓弥くん。

卓弥「来て本当に良かったです。絶対また来たいと思います」 ←この言葉、すごい実感がこもっていた。

卓弥「僕ら来年の7月9日で10周年なんです。このツアーは3月まで続きますが、そのあともまだ何やるか全然決まってないですけど、これからも僕らの活動をぜひ見てほしいし、またライブをやる時は遊びに来てください」

10周年を迎えるのに、今もなおこの誠実な姿勢。
この日を境に、山梨にたくさんのファンが増えたらいいなって心からそう思いました。

「最後に1曲」と言って始まったのはこの曲でした。


またね。
この曲をこのツアーで最後に持ってくるなんてずるい!!!
聴いたら絶対泣いてしまう。寂しい気持ちになってしまう、、、なんて思っていたけど、不思議と寂しさはなくて「しばらく ばいばいばい またね。」とあたしもなぜか優しい気持ちでその歌詞を受け入れることが出来ました。




これで本当に、初の山梨公演は終了です。



終わったあともみんなの胸に飛び込んで号泣。


嬉しくて幸せな1日だった。ファンになって良かったって、本当に思った。
こんな形で報われたんだもん。感謝の気持ちしかありません。



終わった今もまだ幸せな気持ちが続いてて、
なんだろう、これでこのツアー終わってもいいかなって思っちゃうくらい。
ま、あと3回は参加する予定なんですけどね。笑


言葉にするとなんか違うような気がするし
いざまとめるとうまく言えないことばかりで時間ばかりかかってしまったけど
とりあえずまとめられて良かったかなと。


これからスキマに対する想いは少しずつ変わっていくかもしれない。
向き合う姿勢も変わっていくかもしれない。

でもスキマの音楽はあたしにとって必要なもので、こうして繋がったみんなとまだまだ同じ感動を得ていたいから
これからも応援していく気持ちは変わりません。


最後に卓弥くんが伝えてくれたこと。
こうして全国を回って、普段なかなか行けない土地に足を踏み入れたり、いつもより小さな会場でみんなに近づいてくれる。
ずっと応援してくれるファンや、来たくても来れなかった未来のファンのため、これから49本ノタビが続いていくんだね。
そして49本分の幸せが拡散していくんだね。

普段のツアーとは違うこの感動を早くみんなにも味わってもらいたい。
みんなの感想が今から本当に楽しみです。



長くなりましたが、ここまでお付き合いくださった方
本当にありがとうございました。



山梨山梨うるさくって本当にすいません!!!!
山梨大好きだああああああ!!!!!!←最後までうるさいw








ライブレポoO / comments(2) / trackbacks(0) /
スポンサーサイト
- / - / - /
コメント
この名前使うのも久々。
コメントするのも久々。笑

山梨レポ、すっっっっっごく良かった(T_T)

行ってないのに行ったつもりになれたよ。。。

本当に良かったね(T_T)
* りん * 2012/11/04 9:22 PM
>りん

ホント久々☆
コメントありがとうっ嬉しいよ〜(´ ▽`)♪

山梨公演想像以上でしたっ
今もまだ余韻に浸ってる
楽しかったし、おかげで幸せww

りんはどこも参加しないんだっけ?
* まこ★ * 2012/11/06 12:45 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kobitonoheya.jugem.jp/trackback/1745
トラックバック